実践保育力検定は、保育の基礎的な知識だけでなく、保育現場に必要な専門的な知識を持った保育者の育成を目指します。ベーシッククラスは、「子育て」や「保育」に必要な子どもの育ちについての基本的知識を、エキスパートクラスでは、保育現場で必要とされるより高い専門的知識を習得できます。

実践保育力検定とは

実践保育力検定とは?

保育士、幼稚園教諭など子育ての専門職の知識をベースに、子どもの成長と援助に関する基礎知識と実践力を身につける検定です。保育者を目指す学生、子どもに関わるビジネスに携わる方、育児中の方など、子どもの成長にかかわる全ての方にお奨め致します。

こんな分野で役立ちます

◆保育士・幼稚園教諭のレベルアップ
保育士、幼稚園教諭の専門性は、子どもとのかかわりはもちろん、保護者対応、地域社会とのかかわりなど多岐にわたります。実践保育力検定では、保育現場で生かすことのできる専門的な知識と実践力を習得することができます。また、その学びの認定を得ることで、保育者としてのレベルアップの指標にもなります。保育士、幼稚園教諭を目指す学生の皆さんにもおすすめです。
 
◆転職・復職
保育園や幼稚園への転職や復職、「保育ママ」や「ベビーシッター」といった子どもを預かる事業に携わる方、またはこれから目指す方には、「保育」を学ぶことができるだけでなく、「保育に関する学びの証明」としても役立てていただけます。
 
◆子育て
子どもの成長の正しい理解は、子育てには欠くことのできない知識です。子育ては、予想外の連続。正しい成長の理解により、保護者は子どもの成長に落ち着いて寄り添うことができるようになります。そして、子どもの「生きる力」に大きな影響を与えます。

各級の概要

■Basic Class(ベーシッククラス)
内      容 対象(目安)
●「子育て」や「保育」に必要な子どもの育ちについての基本的知識
Ⅰ 生活の援助「食事」「排泄・衛生」「着脱」「体調管理」
Ⅱ 保育活動の実施と援助「造形」「音楽」「言葉」「運動」
Ⅲ あそびの援助と安全
Ⅳ 心の理解と対応
Ⅴ 保護者への支援と対応
公式教材:『実践保育力検定Basic Class(ベーシッククラス)テキスト
・「乳児保育の知識」を強化したい幼稚園教諭
・より保育の知識を深め、仕事に役立てたい保育士
・保育業界を目指す大学生、高校生、主婦など
・子どもを対象にしたビジネスに携わる方、目指す方
・保育ママや、小規模保育事業に携わる方
・保育補助として働く方
 
■Expert Class(エキスパートクラス) 
内      容 対象(目安)
●保育現場で必要とされるより高い専門的知識
●保育や子どもに対するスペシャリストとしての、保育現場における問題への対応方法
●「各専門カテゴリー別講座受講+認定テスト」で認定
「発達障害」、「保育現場と家庭を繋ぐ食の専門知識」、
「小児救急対応」、「保育カウンセラー」、「運動指導」、
「エンターテイメント」など
※順次開講の予定です。
・Basic Class(ベーシッククラス)または3級合格者
・保育関連業務での経験のある方